忍者ブログ
Admin / Write / Res
PSO2ライフでのできごとや、想いを綴る場所。
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ship:3(ソーン)
ID=雛櫻
キャラ名:十六夜・蓮華
所属チーム:IRIS-イーリス-
メインクラス:ガンナー
一言:自己中です(*'ω'*)
[08/10 雛]
[08/06 華たん♪]
[08/05 雛]
[08/05 雛]
[08/05 雛]
[86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パワプロ2013のペナントをやってみたんですがね、
ドラフトで指名できる人材を探せるのですよ。
そこで、やはり若い方がいいと思って『高卒』という条件を付けたんですが……
なんでスカウトは24歳とか27歳とか探してくるんですかねえ(´・ω・`)
いや、確かに条件は満たしてるんだろうけどさ、そうじゃないだろうと(*_*;

執筆中のBGM=『ヴァンパイア』:Janne Da Arc

拍手[0回]



前回の徒然で、またも法撃武器が手に入ったのでサブの方もコソコソと動かしてみまして。
特にディスクが欲しいですよねディスク。中でも、シフタがまだないのです(ノД`)・゜・。
調べてみたら、なんかEトラ報酬か赤箱限定らしいじゃないですか。
思ったよりもタリスが面白くて、支援で頑張ろうと思ってるのですが、
肝心の支援テクニックがありませんので問題外な状態です。クマった(´・ω・`)

そんな時に、ディスク集めにはおあつらえ向きな緊急、通称『ゆりかご』がきまして。
これはチャンスだと思い乗り込んでまいりました。

1回目、2回目はまあいつも通りのMMO(黙々マルチオンライン)だったのですが、
クエスト受注可能時間がギリギリだった3回目。参加人数は5人でした(*_*;
いざ現場へ降りてみると、1名は状況で判断してか破棄なさって4名となりました。
ちなみに、私はソロ(一人)での参加だったのでPT外で他3名という状況。
加え、全員が(恐らく)初見な上にこれまた全員がソロPTだった為、
「あ、これみんな帰る流れかなー」と勝手に思ったのですがね。
とりあえず言ってみたのですよ。

雛:「4人で行っちゃいますか」
○○:「4人で行けるとこまで行っちゃおうか

私の言葉に、もう一人の言葉が重なりまして(*´ω`*)
ぶっちゃけ、返事があることさえ期待してなかったですから、素直に嬉しかったですね。
その後は折角なのでPTを組むことを提案して、半ば強引に新規らしい他の2名を拉致。



一つ一つのEトラごとに声を掛けあって、Eトラをクリアするごとに声を上げて、
ボスを倒すごとに全員が多様に「よし!」という声を出して進みました。
そして、何回か死亡を出しながらもムーン使用も声を出し合いながら、
最後のEトラのDF腕と仮面も無事に撃破し、最奥の目標を破壊してクエストクリア!!



折角なので記念撮影(*'ω'*)
フレンド申請もし合って、今後の付き合いも期待しちゃいますね♪

クリアどころか、クエスト自体をできるとは考えてなかったので、
ノーマルとはいえクリア直後はリアルでガッツポーズをしてしまいました。
“野良”というカテゴリに怯えに近いものを持っている私ですが、
また一つ考えさせられたクエストでもありました。

所謂偏見を持っているのですが、やはりそうなのかなと。
防衛野良募集で繋がった人もいますし、まだまだ距離を置く分野ではないと思います。
とは言っても、“野良”自体にも多くの意味があるんでしょうけどね。
それも踏まえて、今後の活動に精を出していきたいですね(*'ω'*)

最後に、新しくチームメンバーが加入されまして。
新規に始めた方で、vitaプレイヤーでございます。

少し前に徒然でも触れたのですが、出逢ったのはサブの蓮華を作り直す前ですね。
チーム参加に“時期”を問われたので、「プレイスタイルと目的次第」という
根も葉もない答えを返した挙句に、「ゲームに慣れるまで」と
体験での加入を申し出てみたところ、逆に感謝されたのでまあ良しでしょう(*´ω`*)

何度かこのブログにて書いてますが、“飽き”にも幾つか理由があって。
その一つが、やはりオンラインゲームなのに他人と絡む楽しさを経験できない
私はこう考えます。

このメンバーさんが今何を目標に掲げているかは判りませんが、
私のコンセプトである『IRIS』がそこへの懸け橋となる事を願い、
今はチームIRISという逗留所に身を置いて、楽しんでもらえたらと思います。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
◆ 無題
こんばんは

ゆりかごの少人数でのクリアは、私も体験しました。私含め、5人でVHをね。途中から妙な一体感が生まれませんでしたか?ブログでも書いたんですが、私はもう、途中からねw

SSも名刺交換もして、たぶん、これからも繋がっていくであろう仲間が増えましたしw

うん、良い経験でした。それから、こういうのもあるのが、MMOならではなのかなって。

また、新たにメンバーが増えたようで、今後の道筋に光在らん事を。

リオ@トリスタ 2014/01/31(Fri)18:28:06 編集
◆ >リオさん
久しぶりにMMOらしい体験ができたと思います(*'ω'*)

知らない人と同じ時間を過ごすという
仮想空間ならではの事象を、
楽しめるという事がこんなにも嬉しいとは。

こういった感覚がもっと広がっていけばいいのですがね(、、
2014/02/02(Sun)17:28:29 編集
◆ 無題
 記事のチェックが前後した鈴蘭です(´・ω・`)スマヌ

 なかなか、良い遊びをなさいましたな…。
 何よりと思います(´・ω・`)b

 最近お話したフレさんが、面白いことを言っていました。
 『今の人間は、人工物がある環境を自然として適応している』と。
 つまるところ、好むと好まざるとに関わらず、周りに在るモノを『当たり前』としてとして、受け入れてしまうのが人間だという事ですね。

 適応することで『無言』になり。
 適応しきれないことで『飽き』を感じ。
 自然をまだ知らない人が『戸惑い』を感じるのかも知れません。
鈴蘭 URL 2014/02/04(Tue)07:08:04 編集
◆ >鈴蘭さん
ええ、非常にいい時間でした。
こういう感覚を味わったのは久しぶりでしたね♪

またいつか呟こうとは思うのですが、
やはり現状のゲーム内を見る限り、
"自分の遊び方"を持った人が少ないと思いますね。
2014/02/05(Wed)19:06:14 編集
お茶の間
文読
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Copyright ©  もののあはれ All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]