忍者ブログ
Admin / Write / Res
PSO2ライフでのできごとや、想いを綴る場所。
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ship:3(ソーン)
ID=雛櫻
キャラ名:十六夜・蓮華
所属チーム:IRIS-イーリス-
メインクラス:ガンナー
一言:自己中です(*'ω'*)
[08/10 雛]
[08/06 華たん♪]
[08/05 雛]
[08/05 雛]
[08/05 雛]
[88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

買い物に行ったとき、“ついで”に買おうと思う物ってありますよね。
買い物中ならその場での事なのでいいのですが、出発前にそう考えてしまうと、
“ついで”の物を記憶しておこうと意識します。
結果、そりゃメインの物を買い忘れるわけですよ! アヒャヒャヒャヽ(^。^)ノ

執筆中のBGM=『誓ノ月』:Kagrra,

拍手[0回]



PSO2をプレイし始めて、早いもので1年が過ぎた。
今ではインすれば言葉を交わす友人がいて、チームを設立してメンバーも増えてきて、
オンラインゲームをプレイする環境に於いては、充実した時間はおくれている。

私自身、オンラインゲームはこのPSO2が初ではなく
『FF11』と『信長の野望Online(以降・信オン)』のMMO2つを経験している。
特に後者の信オンは一時の休憩時はあったが、5年以上プレイをした。
そこでも、インすれば現状のような状態を創れていて、非常に楽しい時間を過ごせていた。
仕事が終わって、早くログインして皆と逢いたい。そう思えるような時間だった。

信オンは1ヶ月の課金制だった為、ある時、その月最後で辞めると言葉にしたところ、
周囲から別れを惜しむ言葉をたくさん頂き、お別れ会なるものまでしてもらった。
モニターの前では一人なのに、確かに沢山の人と繋がっていると感じられて、
その時間とゲームを終了した後に涙したのは、今でも憶えている。

辞めた理由を訊かれると、本当に困る。

特に無いからだ。
ゲームに飽きたわけでも、ゲーム内での人間関係に問題があったわけでもなく、
単に「辞めよう」と、そう思った。
まあ、丁度リアルでの環境に変化があったこともあって、それに合わせて。
というのが一番妥当だろうか。

それ以降、PS3の『アドホックパーティー』を用いた『MHP3』等の、
“オンライン協力プレイ”というのを除けば、オンラインゲームというものには手を出さなかった。

そんな時、何気なくニコ動で観た一つのPSO2のプレイ動画で興味を惹かれ、現在に至る。

まだ右も左も判らずにいた時、嬉しい事に同じ新規プレイヤーと仲良くなれた。
一応、オンラインゲームの経験があることが幸いして、
見知らぬ人とも問題なくチャットは行えたから、知り合いから友人もつくれていく。
前チームのマスターと出逢って、その日にチーム勧誘の言葉を受けたものの、
しばらく考えさせてほしいと返答したにも拘らず、2~3日で加入させてもらったのは、
その間も一緒にプレイをして、折りが合ったからであろう。
加入後には更に近く接せられるようになったと思う。

そこから次第に交友関係が広がっていく。
チームメンバーを中心に、その友人へと紹介されて交友を築く。
名刺交換のような、所謂「フレパ交換」にあたる申請・承諾はしないから、
ゲーム内のフレンドリストの数が増えていくのが、素直に嬉しかった。

掲示板を運営するようになり、チーム外にも更に交友は広がった
ブログを運営して、更に交友は深まった
まだ日は浅いが、Twitterにてゲーム外でのコミュニケーションが取れるようになった。

そんな現状で、私はPSO2にログインする事に楽しみを覚えている。
確かな目的があるわけじゃない。
単に、「みんなと逢える」と想いの下にモニターを眺める自分がいる。
ログイン後に、挨拶を交わす。それだけの行為に喜びを感じる。
その後はもう日々その場での流れ次第だ。考えて行動するのは余りない。

こうして、ふと思った。
私達は、“ゲーム”で繋がっているか。それとも、“インターネット”で繋がっているのか。
どちらも間違いではない。けれど、その2つを答えにはしたくないと想う。

以前に少し綴ったが、『リアル』という言葉を隔てる境界
その答えは、人の数だけに上るであろう。
けれど私はそれこそが、皆と繋がる、繋がっているものだと想う。

答えなんて無い。理由なんて無い。そうじゃない。
答えや理由なんて要らない

友人とは、そういうものではないだろうか。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
◆ 無題
 大きいだけの鈴蘭です。

 気のおけない関係。
 その繋がりは、媒介する手段によって変質するものではないと思います。

 伝え方が変わっても、相手と自分の言葉が変わる訳ではありません。
 見え方が変わっても、相手と自分の在り方が変わる訳ではありません。

 何を大事にするのか。
 お互いが、それを誤らずに確かめることが出来るのであれば。
 何を選ぼうとも、望む関係を築けると思っています。 



 言いたい事は他にもあるけど。
 この場ではこれにて。
鈴蘭 URL 2014/02/07(Fri)00:41:57 編集
◆ >鈴蘭さん
実際に逢って交流を持つのと、
こうやって例えば私と鈴さんのようにデジタルだけの付き合いというのと、
一体なんの差があるのか。

アナログ時代には考えられなかった築き方ではあるでしょうが、
私もある意味時代に染まっているのだと思います。

けれど、やはり交流とは変わらないものだと思います。

続きはまた、直にお話ししましょうかね(*´ω`*)
2014/02/07(Fri)18:28:32 編集
お茶の間
文読
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Copyright ©  もののあはれ All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]