忍者ブログ
Admin / Write / Res
PSO2ライフでのできごとや、想いを綴る場所。
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ship:3(ソーン)
ID=雛櫻
キャラ名:十六夜・蓮華
所属チーム:IRIS-イーリス-
メインクラス:ガンナー
一言:自己中です(*'ω'*)
[08/10 雛]
[08/06 華たん♪]
[08/05 雛]
[08/05 雛]
[08/05 雛]
[80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

気付いた人もいるでしょうが、Twitter始めてみました。
ええ、こういうのあんまり得意じゃないのですが、何かになるかなあと思った次第です(´・ω・`)
まあ、独り言みたいなものですねw よければフォローしてやってください(*´ω`*)

執筆中のBGM=『LAST IN BLUE』:MELL

拍手[0回]



今回は少し、謝罪というか自分の過ちを含めて綴ろうと思う。

私はよく「楽しく」と口にする。
特に、自分が"メインコンテンツ"として思わなくなった、クエストに対してが多いか。
プレイスタイルの相違は認めているし、自分のソレを強要する気はない。
だが、やはりその「楽しく」にも個による相違があるのだ。

私はとにかくクエスト中に喋ろうとする
コレは、チャットが流れる事によって表面的に場の空気を和ませようと思っての事だ。
触発されたクエスト参加メンバーがどんどん喋りだせば、
クエスト本来の目的とはまた違っても、面白く楽しいものに成ると思う。

けれど、そういった空気を“賑やか”と取る人もいる。
賑わうから楽しいというのはある。と同時に、賑わって活発になるという面もある。
要するに、チャットをしながらクエストを行う事を全員が“楽しい”と感じるのではない
という事だ。

先日の【徒然】へのコメントで、
気付かない内に私は周囲にソレを押し付けていたのだと考えた。
思い返すと、恥ずかしながら否定できない面もあり、コレは謝罪したい。

チャット自体が苦手な人もいる。
そういった人達の中には、発言はできないけれどこういった空気は好き。楽しい。
そう感じる人もいるわけで。私の今までの振る舞いでは、
「チャットをしない(発言しない)人は合わない」
こう言っているのと同義な気がした。

何かにつけて強要はしないと言いつつ、そうしてしまっていた事実に、
今後反省し修正したいと思う。

現在、私の友人の中では活動ブロックを設け、溜まり場としての場を持つ人もいる。
このブログでの関連だけ上げさせてもらえば、共用234Bと共用236Bの2つ。

234BはショップエリアのNPCイオの横にあるベンチ周辺。
こちらは『イオ横丁』と名付けられている。
236Bは、同じくショップエリアのNPCジラード前の階段及び端末周辺。

どちらも複数のチーム単位や単体で訪れる人が集まる場所だ。
主に雑談で時間を過ごし、目的のクエストがあれば声を上げてそこから発ち、
緊急クエストもマルチ編成を行って意気揚々と出発する。
2つの溜まり場とも、参加条件などの規定はないため、
もしもこの記事を見て気になった人がいれば、気軽に足を運んで貰いたい。

234Bのエステルさんは、「ここに来れば誰かがいる。そんな場所にしたい」と言った。
この言葉に、昭和時代の喫茶店の感覚を抱いた。
断っておくが、私には実経験が無いのであくまで聞いた話での感想だ。

携帯はおろか、ポケベルさえもないこの時代には、
チェーン店ではない喫茶店がそこらに見られたという。
娯楽要素が現在とは乏しいこの時は、友人と集まって会話だけをするというのも、
立派な娯楽要素なのだと考えられるのではないか。
こういったものの何が良いと思ったかというと、
先にも述べたが出先の個人への連絡手段がないこの時代に、どうやって集まったのか
コレの理由だ。

コレこそ、エステルさんが言った言葉だ。
誰かがそう思い喫茶店へいく。もし誰もいなくても「帰る」という選択肢はない。
何故なら、他の誰かもそう思い店を訪れるからだ。だから、そこにいる。
そんな時代があったと聞いて、その時は素直に良いと感じた。
デジタル化となってしまった現代では、考えられない話ではないだろうか。

こういったことがデジタル面で行われているのは、或る意味の皮肉であろうが、
私は今後もこの想いを忘れずに、皆と触れ合っていきたいと思う。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
◆ 無題
 大きいだけの鈴蘭です。

 Esuteruさんが口にする『此処に行けば誰か居る』には、それなりの思い入れがあるかと思います。
 それについて鈴蘭から言うのは、野暮が過ぎるというものですね;

 一方で。
 鈴蘭が口にする『此処に行けば誰か居る』というコンセプトイメージは、土台になるものが別に在るんです。
 これについては…明日にでも、独り言を呟こうと思います。



 取り敢えず、この場では一言だけ。
 234に在る者として、共感を覚えて頂いた雛さんに感謝を。
 そうした感覚を持って頂けて、涙が出るほど嬉しく思いましたよ。
鈴蘭 URL 2014/01/15(Wed)03:05:33 編集
◆ 追記
 …蛇足かもしれませんが。

 他人に対して。
 例えそれが、自身の善意から来るものであれ。
 相手にとって、それが善意になるかは分かりません。

 世界は自分を中心に広がっていますが。
 自分の為だけに広がりを持つ訳ではありませんから。

 多様な価値観の存在を認め、それに対する行動を起こす雛さんは。
 驕慢や傲慢とは遠く離れた位置に居ると思いますよ?


 自省は大事です。
 ですが、過ぎて退嬰することの無いように。

 雛さんが雛さんらしくあることが。
 私にとっては好もしいと思えるのですから(´・ω・`)b
鈴蘭 URL 2014/01/16(Thu)03:24:38 編集
◆ 無題
こんにちわ~(*'ω'*)
自分を見直すことはいいことだ~
たまには立ち止まって自分を見つめ直すのもいいよ(’’b
私はどっちかって言うと・・みんながワイワイしてるの見るのが好きかな(*'ω'*)
会話すると色々悪い癖がでるのでね・・・(’’88
でもこれも個性、色々な人がいるね
それを認めれるか否か・・それが重要なんじゃないかなって思う。

あと過大評価してるけど
無謀な理想よ・・
でも敢えて私は目指します(*'ω'*)
誰かがここにいる・・そんな場所を目指していきたいね。
なんで目指すかってってのはまたの機会に・・・
一言言えるのは・・
私達は人としているその自覚をこれからも持ってPSO2をしていきたいな。
Esuteru 2014/01/16(Thu)12:45:33 編集
◆ >鈴蘭さん
それぞれの思いでそれぞれが集まるというのはいいことだと思います。
時にはいざこざも出るかもしれませんが、
それだってそこに人が集まっているからという証明だと思うのです。

私も自分の意志で足を運んでるので、感謝など不要ですよー(*'ω'*)

そうですね、私らしさというのはなくさないよう、
これからも行くつもりですので、
よろしくです♪
2014/01/16(Thu)17:53:57 編集
◆ >Esuteruさん
私は、表(声)にしないと伝わらない事もあるので、
逆に喋るようになったのかもしれません。
まあ、人それぞれのスタイルですよね。

人と交流すればするほど、自分を見返す機会というのは出てくるんじゃないかな。
だからこそ、成長できるんだと思います。

私もネット上で知り合った皆を決して、
デジタルだけの関係ではしたくありません。
あくまで、デジタルという場所と手段ですからね。
今後もよろしくですよー(*'ω'*)
2014/01/16(Thu)18:05:32 編集
お茶の間
文読
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Copyright ©  もののあはれ All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]