忍者ブログ
Admin / Write / Res
PSO2ライフでのできごとや、想いを綴る場所。
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ship:3(ソーン)
ID=雛櫻
キャラ名:十六夜・蓮華
所属チーム:IRIS-イーリス-
メインクラス:ガンナー
一言:自己中です(*'ω'*)
[08/10 雛]
[08/06 華たん♪]
[08/05 雛]
[08/05 雛]
[08/05 雛]
[76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

終わった。終わってしまった。
明日の月曜はいつもより重く感じる。
ああ、さようなら連休。しばしの別れになる事を、どうか許しておくれ(´;ω;`)

執筆中のBGM=『覚えてていいよ』:KOTOKO

拍手[0回]



12月に、EP2での目玉とされていた新緊急クエスト『採掘基地防衛戦:襲来』。
もう何度か呟きでも徒然でも書いてるので、重複する面はあるが、どうしても語りたい。

現在私が感じている懸念はとりあえず2つ。

1.閉鎖的な思考が広がっている。

以前にも述べたが、『開放された閉鎖空間』というやつだ。
具体的にいうと、友人・チームメンバー以外でこのクエストにいく。
この考えを多くのプレイヤーが持たなくなっているのではないか。

確かに戦略面が必要なクエでもある為に、見知った仲で編成すると意思伝達が取りやすく、
攻略も楽になってくるだろう。
ちょっとした間でも会話をできることで、楽しさも増す。

けれど、本当にこのままでいいのか?
12人・24人(2マルチ)を募ったとしても、そこに居るのは全員顔見知りであり、
PSO2の仕様上、クエスト内では新しい交流は発展しない
加え、もう一つの勘違いも生じている。

2マルチ以上という大人数で集まる事で、ソレを『交流会』としてしまう人もいる。
しかしだ。
頻繁にやり取りがある者同士で、同じように集まる事が、果たして『交流会』と呼べるのか?
そもそも『交流会』とは、普段やり取りができない者同士が触れ合えるための場ではないか。
勿論、仲の良い者同士で集まる事を否定しているわけではない。
寧ろ良い事であるのだし、友人との交流は重要視するところだろう。

しかし、“募集”と開放されているにも拘らず、そこに集うのは“顔見知り同士”という、
真逆の閉鎖的な条件が自然と出来上がっている。
0からの発展が望めない。私にはそんな交流の場になっていると映る。

2.ドロップ状況の確認の常設化

クエストレコードやネット・ゲーム上での報告により、
多くの物が☆11のドロップに執着している。
本音を言わせてもらえば、クエスト終了後に「☆11拾った人?」という問い掛け。
これは必要ないだろう。報告やログからの情報に対しての祝いの言葉は必要だろうが。
ハクスラであるから、レアを求めるというその信念は大事である。
けれど、その問いをした本人が未だ☆11を拾った経験がなく、
周りも同じくそうだからといって、果たしてこの問いが何も問題を産まないと言えるのか。

チームメンバーからの取得報告だけで、周囲に愚痴を零し始める者もいる。
聞くところによると、集団の分裂に発展したところまである。
「私は気にしてない」という言葉をそのまま受け止めた者同士のやり取りでさえ、
相手の本心なぞ解りはしないのだ。
元々日本人とは洗脳されやすい性質であり、何気ない報告のやり取りの中で
『未だに拾ってないのはおかしい』という疑心が植え付けられ
『何故自分は拾えないのか』という不満が芽吹く
その情報のやり取りがチームチャットや周囲チャットという広範囲により、
それを耳にして対応する人数が多ければ多い程、その危険は増える。

同調。
今回の例で言えば、所謂『不幸・不満の共有』というやつだろう。
そうすることで安心を得られるだろうが、徐々にその人数が減っていけば
そんな関係は簡単に崩壊する。

何度も繰り返すが、ドロップに執着しソレを求める事を否定はしない。
それこそがこのゲームの本質の一つだろう。
けれど、平等なチャンスとは違い、結果はそうではない
ソレが無自覚の内に植え付ける負の感情がある限り、
迂闊にソレを刺激するようなやり取りは、私には不安でしかない。

あともう一つ、もやもやしているものがあるのだが、
未だ上手く言葉にできないので、後日に回そうと思う。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
◆ 無題
こんばんわ~
解放された閉鎖空間なんとなくわかってはいるものの・・・
うちのたまり場に来てくれる方を大事にしたいと私は思っています。

実際半固定的な部分は出来てるの認めます。
でも野良では不安、気の知れた人と行きたいって方を私は何とかしてあげたいのが私の考えです。

交流会とは私は思っていません
次へ繋がるように微力ならが繋がりを持って欲しい自己満足ですかな・・・
色々出会い、その時の雰囲気
また来たいなって思わせれればと・・
あそこに行けば誰かいるって環境を私は
作っていきたいものです。

ドロップに関しては
私は素直におめでとうで済ますかな・・
中には色々思う人もいるだろうけど。
方々で報告があったりもするね・・・
こればかりは・・・難しい問題
雛さんとの会話も最近あまりないので
今一度コンタクトしていきます。
その時はお手柔らかにお願いします。
Esuteru 2014/01/06(Mon)03:17:10 編集
◆ 無題
 大きいだけの鈴蘭です。

 人を集めて遊ぶ…それそのものに、鈴蘭も異議は挟みません。
 ただ、そこに在るのが『何であるのか』を正しく理解していなければ、雛さんの例にあるような『交流会』という勘違いも、生まれてくるでしょう。

 Esuteruさんとは、場について『今』と『この先』にあるものを確認しながらの運営をしています。
 半固定状態…これではやがて、倦みも生まれます。
 これに対する対策を纏めて、ようやく働き掛けを始めたところですね;

 人との繋がりを求めて集まってくれる人に、より多くの機会を。
 そのための最善を、鈴蘭は模索しています。

 もっと書きたいこともあるのですが…明日の独り言に継ぎたいと思います。



 ドロップの確認…自分はしたことがありません;
 喜んでいる人を『おめでとう』と祝福するくらいでしょうか。
 『一緒に喜んでほしい』そうした思いであれば、素直に応えてあげたいですしね。

 なので、人にするなとは言いません。
 ただ、おっしゃるように軋轢の元になりかねないもの。
 言葉で人を縛るかのような真似は…好ましくないと思っています。



 今回の件は、どちらも鈴蘭にとっての関心事。
 そこに、良い戒めの言葉を頂けたと思っています。

 雛さんの主義に反しないのであれば。
 これに関して、もっとお話を伺いたいと思います。
 こうした言葉こそ、鈴蘭の望むものに外ならないのですから。
鈴蘭 URL 2014/01/06(Mon)06:57:09 編集
◆ う~ん
正直野良は悪いいい方ですが地雷がそこそこに・・・
明るい面で新しい出会いや交流もありますが
暗い面に不快なプレイヤーやノーマナーな連中はてや身内のノリを公でやる人も
みんながみんないい人であればいいのですがね・・・
あまり交流を急ぎますと問題児が入ってきちゃってややこしくなることもあります。
新しい交流は自然にまかせるが一番じゃないですかね。
メンツ集めてもいつだってチーム全員参加するわけでもないですし。

私なんかは防衛で飛んできたフレ申請とかは基本的拒否してます。
実の234のところでさえあまり話してない人はお断りしたいことが少々

なんかズレた気がするけどその辺個々の判断でいいんでねすかね

★11に関してはクラフトの存在と強化にかかるメセタ、グラインダーの数、失敗のリスクを放って11ドリ-ムをぶち壊しましょう(ゲス顔
サギリ 2014/01/07(Tue)02:11:09 編集
◆ >Esuteruさん
ゲーム内で少し話しましたが、とりあえず特定の集団や否定をしているわけではない事を、ご了承をば。

良い・悪いを言っているのではなく、ただの心配事というのが正しいかな。

固定化された集団というのには、
中からも外からも干渉に少なからずの影響を生みます。
“変化”を恐れる。
というのが適切なかな?

現在は防衛クエにだけ、ほぼ集約されている要素ではありますが、
他の事にもソレが広がっていったときに、
変化を恐れていた人が踏み出せない場面も出てくるのではないか。
そんな心配ですね。

コメントに書くと長くなるので、またゲーム内で(ノД`)・゜・。
2014/01/08(Wed)19:35:44 編集
◆ >鈴蘭さん
Esuteruさんへのコメントに被る面もありますので、少々割愛を。
詳細はまたゲーム内で(´・ω・`)

人との繋がりというのがこの問題だからこそ、
難しいところであり、この先の不安が生じるのでしょう。

適切な解答謎ないのでしょうが、
自分が納得のいく答えをもって、活動していきたい。言ってほしいと思います。
2014/01/08(Wed)19:42:04 編集
◆ >サギリさん
こちらもエステルさんへの返事で被るところがあるので、割愛して、
続きは機会があればゲーム内で<(_ _)>

野良をしろ、受け入れろ。
という言ではないのです。
現状の状態が続き、いざ変化を求められた場合、
つまり新しいプレイヤーを受け入れる場面がきた場合に、
こういった閉鎖的なムードが枷にならないかと思うのです。

勿論、何が正しい・正しくない。良い・悪いは個々の判断になりますから、
結局は自分が何をどのように納得して答えを持つか。だと思いますね。

ちなみに、私も野良で何回かやってますが、
広がった交流は一人だけです(ノД`)・゜・。
2014/01/08(Wed)19:49:41 編集
お茶の間
文読
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Copyright ©  もののあはれ All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]