忍者ブログ
Admin / Write / Res
PSO2ライフでのできごとや、想いを綴る場所。
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ship:3(ソーン)
ID=雛櫻
キャラ名:十六夜・蓮華
所属チーム:IRIS-イーリス-
メインクラス:ガンナー
一言:自己中です(*'ω'*)
[08/10 雛]
[08/06 華たん♪]
[08/05 雛]
[08/05 雛]
[08/05 雛]
[74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日で2013年も終わり(*'ω'*)
まあ、年が明けたからって何が変わるっていう考えは持たない主義なんで、
いつも通りの“明日”を迎えて、“いつも通り”の私でいくだけ。

執筆中のBGM=『MARIA』:LUNA SEA

拍手[0回]



PSO2をプレイし始めて、一年が過ぎた。
まさか、こうしてブログを書くようになるとは思いもしなかったけども、
始めて良かったとは思っている。

加え、掲示板の運営(正確にはこちらが先)から始まった、企画・イベントの主催活動
こういった催し事は好きなので、抵抗はなかったが不安はやはりあった。
元々人見知りな上に、極端な人付き合いしかできない性質ゆえに、
先頭に立つという行為には慣れていないのだ。
それでも、掲示板の恒例企画もゲーム内のイベントも、沢山の人が参加してくれた。
こうした活動によって繋がり、広がった交友があるというのは、本当に喜ばしい事だと思う。

そして、所属していたチームの分裂、そして解散
ゲームの大型アップデートに合わせての、チーム設立というリスタート
現在は人数だけで言えば19名が募った集団となった。
マスター”という立場に立って初めて感じた葛藤もある。今でもまだまだ募る不安もある。
けれど、後悔はしてない。

思えば、引退を考えたこともあった。
と言っても、人間関係とかではなく、ゲーム方針への不安・不満が募り出し、
少々抑えきれないところまできていた時期があった。
それを、このブログにて吐き出したり、友人達と共有することで何とか抑え込み、
現在はその言葉を口出す必要がないという状況にある。

とはいっても、不安や不満が無くなったわけではなく、相も変わらず募りはする。
しかし、“プレイスタイルは自分で決める”という概念を持ち出してからは、
然程影響がなくなった。
友人達と過ごす時間が、そうさせてくれたのは言うまでもない。
特にこの半年で出逢い、繋がった人達との時間が大きい。
まだ半年かと思わせるだけに充分な、厚い時間を過ごさせてもらっている。
欲を言うなれば、こういった繋がりをまだまだ広げられたらと思う。

一年。
また同じような時間を過ごすのか。それも悪くない。
けれど、もっと充実した時間を目指し過ごした方が、より良いのではないか。
良いことも悪いことも、経験。
取り返しのつかない事も、時には起こるかもしれない。
だけど、怖がっているだけというのはしたくない。

解釈は色々とあるが、「立ち止まるな・振り返るな」という言葉がある。
私は、そうしたっていいと思う。
大事なのは、その後に自分がどうするか。
立ち止まってしまったのなら、その分の時間を補えばいい
振り返ってしまったのなら、その分の歩数を歩けばいい
そんな考えのもとに、私は明日からもプレイしていくと思う。

こんな私と繋がってくれた人達に、ありがとう。
そして、これからもよろしくお願いします。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
◆ 無題
今年は色々と考えさせられる一年でした
雛さんと出会い私とはまた違った交流の形の一つとして受け止めています。
雛さんらし楽しみ方を模索して来年も頑張ってくださな(’’b

最後に今年はありがとうございました。
来年もよろしく(*'ω'*)
Esuteru 2013/12/31(Tue)19:26:38 編集
◆ 無題
 大きいだけの鈴蘭です。

 旧年中はお世話になりました。
 新年も至らぬ鈴蘭と、お付き合い頂けたら幸いです。

 年末年始は立て込んでおり、こうして遅れての新年のご挨拶となります。
 失礼をして申し訳ありませんでした><。



 極端な人付き合いですか…。
 極端さでいえば、私も人後に落ちません。
 生まれと生来の気質のために、私は人との交じわりを絶っていますから;

 実際の私は、人間嫌いと言ってもいいでしょう。
 …そんな私が、ネットワークゲーム内で人との繋がりを説いています。

 今の鈴蘭は一体何の冗談なのか。
 今の鈴蘭が本当に望む姿なのか。

 …それはよく分かりません。
 ここは、それを理解するための場所と心得ています。

 ここを、より良い場所に出来るのか。
 それは鈴蘭にとっての、より良い場所なのか。
 それとも私にとっての、より良い場所なのか。

 確かめて行きたいと思います。



 この先、雛さんの道行と交わることがあるのならば。
 一度問うてみたいものです。
 『この場所は、誰のための場所でしょうか?』と。
鈴蘭 URL 2014/01/03(Fri)05:54:17 編集
◆ >Esuteruさん
あけましておめでとうございます(*'ω'*)

私もエス姉と出逢い、“交流”というものにより考えるようになりました。
自分とは違う思考同士だからこそできる交流もあるので、
エス姉とはこういう関係で支え合い刺激を与えつつ、
今後ともいきたいですね(*´ω`*)

こちらこそ、昨年はありがとうございました。
今年もよろしくお願いします(*'ω'*)
2014/01/03(Fri)16:11:07 編集
◆ >鈴蘭さん
あけましておめでとうございます(*'ω'*)

鈴蘭さんとは、所々で類似思考というかそういったものをやり取りできる一方で、
また違った意見も頂けるという、
貴重な交流をさせてもらってます。
その貴重が反映できてるかは判りませんが(´・ω・`)

答えを求める時間って、終わりが近づくことを恐れもします。
特に、こういった『無限と見える有限』の時間では尚更です。

こういったお話も、またやっていきたいですね。

こちらこそ、昨年はありがとうございました。
今年もよろしくお願いします(*'ω'*)
2014/01/03(Fri)16:18:49 編集
お茶の間
文読
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Copyright ©  もののあはれ All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]