忍者ブログ
Admin / Write / Res
PSO2ライフでのできごとや、想いを綴る場所。
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ship:3(ソーン)
ID=雛櫻
キャラ名:十六夜・蓮華
所属チーム:IRIS-イーリス-
メインクラス:ガンナー
一言:自己中です(*'ω'*)
[08/10 雛]
[08/06 華たん♪]
[08/05 雛]
[08/05 雛]
[08/05 雛]
[97]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日曜の夕方から急に体調悪くなって、今もなお熱が続く状態。
んー、医者には風邪だって言われて薬飲んで寝てるけど、
仕事の方も問題なのよねー(ノД`)・゜・。

拍手[0回]


今日は珍しく愚痴じゃなく、月曜日に書こうと思ったことを。

前回の徒然草でイベントに連続で参加したことを書きましたが、
その最中&ログアウト後によぎったことを。

今までこの『呟き』カテゴリで散々マルチでのプレイヤー間の疎通感等を
愚痴ってきたけど、改めて自分はどうなんだろう? と。

いえね。
主催者とかイベントに招待してくれた人は確かにフレであり交流もあるのですが、
他チームでの開催となると、当然ながらそうでない人が出てきて、
寧ろ数ではそちらの方が多くなる(事もある)のですよね。

モンピー主催の双六は半々ぐらいな割合だったのですが、
ファッションショーイベントでは完全に初対面の方が大多数でして。
そこで出てくるのが今回の私の呟き事である、私自身の周囲への態度です。

自分でもよく解ってるのですが、私って結構フランクな接し方だと思うのですよ。
というよりも、堅苦しいのが苦手なだけなんで、
自然とそうなるというのが正しいのですが。
実はリアルでもこういうコミュの取り方でして、齢上でも殆どタメ口で話します。
勿論、場はわきまえますよ? それぐらいのマナーはありますよ(タブン
今まで何回か注意を受けたことがありますが、どうしても解り合えない人には
妥協しますが、私の掲げる齢上への最低限の礼儀は「さん付け」です。
随分低いと思われるかもしれませんが、
こういうのって相手によっても変わりますからね。
「さん付け」が逆に失礼となるケースもあるわけですし。

とまあ、私のリアルはこんな感じで、ゲームでも反映されてます。
ここで問題となるのが、ネチケット・ネットマナーです。

ゲームだし」で済ませる人もいれば、
ゲームでも礼儀は必須」という人もいまして。

例えば日曜日のファッションショーですが、私主催者さんとは全く縁がない上に、
飛び入り参加のくせに、結構発言したのですよね。
周囲で、いつものノリで

前述のとおり、大半は初対面であり、
何人かとは挨拶を交わし自己紹介しましたが、
流石に全員とはいかない状況でした。
そういう中での私が結構な頻度で発言する様を、
良く思わない人もいたのではないかと。そう考えた次第です。

今のところ苦情はきてませんが、内心で感じていた人もいるでしょう。

まあ、だからどうだということではなく
だって、どうしようもないし。

断っておきますが、私は「ゲームだし」で済ませるタイプではありません。
寧ろ、「礼儀は必須」派です。しかも、かなり気にします。
チームでログインの挨拶もないのにクエ>ログアウト。
というのでさえ、実はかなり気にしてます。
事情で短時間でのログアウトでも、『チーム』という輪に属するなら
挨拶はするべきなのではないかと考えます。

勿論、これも個人によって考えに相違が生じますので、
強要できる事ではないです。

だからこそ、オンラインゲームってめんどくさい。と思うのです。
相手の顔が見えない分、変な意味で強気で出る人もいれば、
ロールプレイを取る人もいます。
けれど、挨拶は最低限(というか絶対)取るべきマナーだと、私は思います。

が、今回の焦点は挨拶ではなく、言葉遣い

でしょうか。
敬語で話すプレイヤーもいれば、私のようにフランクな人もいて、
愛称で呼び合う仲もあれば、「さん付け」で呼び合う仲もある。

では、タメ口がある程度の仲だという証だというなれば、
その境界は何で測るのでしょうね。
これも絶対個人によって差異が出てきます。

きっと万人共通の答えは出ないでしょうが、
こないだのイベントに参加して、ふとこんな風に思った次第です。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
◆ 無題
大きいだけ鈴蘭です。
 
 なるほど「言葉遣い」ですか。
 雛さんの言われる「敬語で…」は、私が該当しそうですね;
 …そう言えば、雛さんにはお話する機会がありませんでしたね…。

 鈴蘭のこれは、言わば「文語体」です。
 思考を纏めて文章化して、チャットで発言する上で。
 それが相手に正しく伝わるかがわからない時。
 それを相手に正しく伝えなければならない時。
 
 誰にとってもニュートラルな表現ができる、この「文語体」の鈴蘭で接します。

 フランクであれ、堅苦しくあれ、どちらかに寄ってしまっては、チャンネルが合いにくくなる場合があります。
 できるだけ多くの人と接する上でのニュートラル。
 そんな感じです。

 …ただ。
 相手との理解が深まって、気の置けない関係に…となってくると。
 この「文語体」を他人行儀ととられます。

 そんな鈴蘭を正しく知ってくださった方には、「口語体」の鈴蘭で接したりもしています。
 …もっとも、自分の伝えるべきことを正しく伝えられるか分からないので…鈴蘭を知る、ごく限られた人にだけですが;

 自分の有り様はこんな感じです。
 正面から対立しないように…そんな処世の術です。
 雛さんのように「自分のココが基点」というものではないので…雛さんのそうした考え方は、素直な強さがあって眩しく感じますねw

 諦めたら終わりですが。
 世の中全部を味方にすることなんか、到底出来ません。
 望む人だけでも分かってくれるのであれば、上等だろうと思いますよ?


 季節柄、インフルエンザの流行もそろそろです。
 最近の夏のような陽気で忘れがちですが…今はまさに風邪のシーズン。
 仕事のある身では、なんとも憂鬱ですし。
 いち早い平癒を期して、出来る限りの休養を心がけて下さいな。

 治ってないのに週末インしてるの見かけたら…叩き出しますよ(´・ω・`)?
鈴蘭 URL 2013/10/10(Thu)21:07:52 編集
◆ 無題
最低限の礼儀か…難しい所でもあるよね。
色々な人がいるなか、顔の見えない相手とどう接するか?それってやっぱ個性なんだろうなと…

イベントでの絡みってのは特に人に与える印象は
色々あるとは思うかな(* ̄ー ̄)
初対面でも馬の合う人もいるかもだしの…
そのあとお付き合いが出来ればいいんじゃないかな(* ̄ー ̄)?

ゲームだからどうでもいい考えは私は嫌いです。
画面の向こうには、人がいるわけです…
考え方は人それぞれですが、最低限の礼儀は必要と私は思うかな…

挨拶がいい例かな…
強制は出来ないけど、挨拶できるか出来ないかでは人に与える印象は違うと思う。
チームとゆう輪の中で言うならひどく感じるかな…忙しい時もあるとは思うけど軽視してる人が多いのかな最近は…

言葉使いもその境の違いによるってのかな…
受け取る人の受け方にもよるよね…
難しいね(* ̄ー ̄)
だからこその会話が必要と思う中の人でした(* ̄ー ̄)
長々と長文失礼しました。

最後に昨日は無理してたってことかな…(´ω`)?
Esuteru 2013/10/11(Fri)13:10:29 編集
◆ >鈴蘭さん
鈴蘭さんの他に、何人か敬語で接する友達もいますねえ。

ただ、それを堅苦しいとは思ったことはないですね。
ボイスとは違ってテキストチャットは目で会話するものですから、
文が砕けてた方が場も和むというか、そんな考えからきてると思います。

私は“常に自然体”を理想にしてる面があるので、
恐らく無自覚にこのままの私で貫くことでしょう。

風邪は、、、うん。
もう大丈夫。大丈夫だよ(*'ω'*)
ダカラタベナイデネ。
2013/10/13(Sun)18:51:49 編集
◆ >Esuteruさん
なんかね、多分現代の礼儀の定義が昔とは違っちゃってるんだろうね。
一括りにしたらアレだけども、若者を見てるとホントそう思う。
いえ、私もまだ若いですよ( ゚Д゚)

テキストチャットって、やっぱり目で見るものだから、
受け取る側のその時の心境も影響あるのよね。
だから難しいんだけど、だからこそのコミュニケーションだと思う。
こうやって言葉を交わしてる仲ってのは、ホントいいね。

私は意外と無理な時は断るタイプなんで、大丈夫ですよー(*'ω'*)b
心配かけてごめんね。
2013/10/13(Sun)18:57:18 編集
お茶の間
文読
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Copyright ©  もののあはれ All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]