忍者ブログ
Admin / Write / Res
PSO2ライフでのできごとや、想いを綴る場所。
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ship:3(ソーン)
ID=雛櫻
キャラ名:十六夜・蓮華
所属チーム:IRIS-イーリス-
メインクラス:ガンナー
一言:自己中です(*'ω'*)
[08/10 雛]
[08/06 華たん♪]
[08/05 雛]
[08/05 雛]
[08/05 雛]
[138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は暑かった(´・ω・`)
なんだかんだで、もう7月も間近だしねー。
熱中症にはご注意なのですよー。アツイノキライアツイノキライアツイノキライ(´-ω-`)

執筆中のBGM=『Our Fighting』:クーナ(喜多村英梨)

拍手[0回]



想えば、過去に『信長の野望Online』をプレイした時も友人ができ、
ギルド(チーム)に所属して遊んでいた。
そして、管理人として面白半分でチームサイトを作ったりもした。

それから時を経て齢を取って、色々と経験を得て現在。

マスターとしてチームを設立はしたが、ソレに限ったサイトは作っておらず、
今後もそのつもりは無い。
代わりに作ったのが、交流用の掲示板のみ。

どちらも、広く観れば"ゲーム外での交流"を目的としたものではあるが、
今とあの頃との考えが違うのは、その場所に“鍵”を用いるかというところだろうか。

チームサイトとは、言ってしまえばそのメンバーの為のものであり、
括ってしまえば必然的に“部外者”ができ上がる。
尤も、そのサイトにて“部外者”が身内になったり友人と成ったりもする効果もあるので、
決して批難しているわけではない。
けれど、“”が要る事に変わりはなく、現在の私の考えとは反している。

というよりも、私が求めているのが“チームメンバー”としての繋がりではないからか。

そもそも、私がチームを設立したきっかけは所属していたチームの解散に伴い、
マネージャーとして、当時のメンバーで直ぐに行き先が定まっていない者達への
配慮。という面が大きかった。
解散の話を聞いた時は、設立どころかソロプレイを考えていたこともあり、
“チームのコンセプト”ではなく私個人のコンセプトを掲げたチームとなった。

マスターとしては別におかしくはない事はないのかもしれないが、
“チーム”として括るのであれば所謂“同志”が集う場がチームなのではないか。
が、私のチームは設立当初も現在もそうではない。

私は設立当初、“チーム全体(そのもの)”をコンセプトである『架け橋』としようと考えていた。
しかし、前チームからの所属希望の声が予想以上に大きく、
ソレは私の考え(コンセプト)に対した同志の集まりではなくなった。

実は最初の頃はメンバーに賛同の言葉を持ち掛けようと考えてもいた。
そんな中で、既存プレイヤーは勿論、新規プレイヤーとも出逢いが増え、
平たく言えば“経験”を積んでいく途中で、その考えを捨てた。

全体が『架け橋』という事は即ち、
メンバーを“そうである・そうあるよう”に縛っているのではないか。

こう考えるようになった。
勿論、そうあるのもチームとしての一つの形だ。
というよりも、そちらの方が若しかしたら正しい形なのかもしれない。
けれど、私にはそう考える事はできなかった。
言い方を考えれば、“チームとしての在り方”を考える事から逃げたのかもしれない。

ソレが、“雛(私)”が『架け橋』となり、“IRIS(チーム)”を『逗留所』とする、現在の形となった。

平たく言えば、“チーム”というものに対しての“固執”がなくなったというところか。

繋がった友人達とは“チーム”という括りをする必要は当然なく、
あくまでもチームIRISという“場所”に集っただけ。そんな、曖昧な考え方。
尤も、現在のPSO2の仕様ではチャット・メール面はかなり不憫と言える。
特に、多者との同時コミュニケーションをとる場合だ。
その中でチームチャットはかなりの有用ツールであり、
ソレに関しては切に今後に期待するところだ。

と、そういう経緯もあり、ふと思う。
交流用の掲示板を初めとして、このブログにTwitterまで始めた現在、
私はゲーム外でのコミュニケーションに何を望むのだろうか

単に“ゲーム仲間”として在るだけのものか?
それとももっと深い、ソレこそ普段皆が使う意味での“友人”として在るもの?

少なくとも、前者はゴメンだ。
『信On』をプレイした時と比べても、
ネットは成長しコミュニケーションツールは多々存在する。

そうしたデジタルで出逢った関係は何処まで発展し、人と人との繋がりをどう呼ばせるのか

此度のDDoS攻撃に因る長期サービス停止に於いて、
色々なコミュニケーションツールを眼にして、こんな考えが過った。

……チーム云々の件は別に要らなかった気もしないでもないが、
なんというか、説明下手くそなんだ、申し訳ない。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
◆ 無題
(´・ω・`)ウリュウリュ

雛タンに会いたいぉ..・゜・(つД`)・゜・
華たん♪ 2014/06/20(Fri)23:51:05 編集
◆ >華さん
華ちゃーん(*ノωノ)

私も早く華たんに逢いたいー(ノД`)・゜・。
2014/06/21(Sat)00:07:23 編集
◆ 無題
わたしも雛ちゃんにも会いたいし華ちゃんも久々に会いたい~・゜・(ノД`)・゜・ 

ゲーム外でのコミュニケーションに何を望むのだろうか わたしは勿論、後者の友人ですよ!
一緒に居て、尚且つ同じ趣味や共感できる部分のある友人達と過ごせればそれだけで・・・ね(。・ω・。)?
ユミ(シリカ) 2014/06/21(Sat)00:59:29 編集
◆ >ユミさん
私もユミちゃんに逢いたい(ノД`)・゜・。

こうやって"外"でも交流が取れる仲って、
直接(現実での)面識があるなしに関わらず、
"友人"と同じだよね(*'ω'*)
2014/06/21(Sat)23:27:39 編集
◆ 感謝祭より帰還の件
どうも。お疲れ様です。m(_ _)m
セフィク(ティエル)です。

大阪の感謝祭に行って来ました。去年に比べてかなり人が多かった感じでした。
まぁ、目的であったグッズ購入は大体は目当ての物(一部並んでいる時に売り切れてしまって買えなかった物もありますが・・・)が買えたので良しとしますが(-▽-)
後はアークス訓練所(ダルマ落とし・射的・輪投げ。後最後にパンチング)もやってみました。とはいえ、グッズの方もそうでしたがこちらも人が並んでいて、プレイするのに1時間程待ってました。
なお、結果に関しては・・・「これは駄目だw」と笑うしかない感じに終わりました。
○ダルマ落とし・・・1つは落とせたが2つ目を落とす時に加減を間違えて頭も落下。
○射的・・・そもそも壁の方まで弓が飛ばず。下とか横にしか飛びませんでした。いや、扱いが下手過ぎますね。(苦笑)
○輪投げ・・・3回全てラッピーに弾かれて手前or奥に落ちる。まぁ、これもある意味面白い結果に(←オイ
○パンチング・・・訓練所が上記の感じだったので気分転換に軽く1発。これで終了。
なお、この2つに時間がかかった為にガチャガチャとフランカさんのお店には行けず。少なくともガチャガチャは訓練所を少し後回しにすれば出来たかな~と軽く後悔してます。(..)
フランカさんのお店に関しては・・・行列の長さを見て心が折れました。代わりにメニュー表を見て満足、という形に(←何か違ry
2つの事を終えた後は展示資料と展示物を一通り見ました。こういうのを見て楽しむのも良いものだな、と改めて想ったり・・・
その後、グランプリの様子を最初の方だけ見て友人と帰りました。正直、立ちっぱなしだったので体力消耗して疲れたのですw
色々と書かせて頂きましたが、暑さの増してきたこの時期に感謝祭に行って来て目的は達成出来て楽しめたと感じてます。

サービス停止しているこの状況ですが、今はいずれは再開される事だけを願ってます。

大変長文失礼しました。m(_ _)m
セフィク(ティエル) 2014/06/22(Sun)00:01:18 編集
◆ 無題
チームか・・・こうで在って欲しいってのは私の我儘でもあるのあるのかなって思うかな・・・
外部ツールに関しては・・
全体に見えるツールならいいかとは思う
ただ一部だけで枠を作ってすることに疑問を持ってはいる。
難しい所だろうけどね・・・
こうゆう時だからこそ外部ツールが生きるのもわかるけど色々軽率過ぎる気もしてきた今日この頃・・・(’’
Esuteru 2014/06/22(Sun)13:55:56 編集
◆ >セフィクさん
感謝祭お疲れ様でした(*'ω'*)

楽しんでこられたようでなにより♪
私は基本人混みが苦手というか嫌いなので頭から参加は無かったのですが、
何か勿体ない。という気持ちも生まれてきますねー。
来年もあるなら、前向きに検討するのも良さげです。

無事に再開した暁には、またお話を聞かせてくださいな(*'ω'*)
2014/06/22(Sun)19:37:35 編集
◆ >Esuteruさん
そもそも、一人で設立したのであれば"個人"の想いが前面に出るのは或る意味必然で。

ソレが"チーム"に向けられるか"メンバー"に向けられるか。っていう問題も出てくるかな。

とはいっても、良いとか悪いとかじゃなく、
なんというか交流を持てたのなら壁は少ない方がいいな。
そう思った次第です(*'ω'*)
2014/06/22(Sun)19:40:41 編集
お茶の間
文読
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Copyright ©  もののあはれ All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]