忍者ブログ
Admin / Write / Res
PSO2ライフでのできごとや、想いを綴る場所。
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ship:3(ソーン)
ID=雛櫻
キャラ名:十六夜・蓮華
所属チーム:IRIS-イーリス-
メインクラス:ガンナー
一言:自己中です(*'ω'*)
[08/10 雛]
[08/06 華たん♪]
[08/05 雛]
[08/05 雛]
[08/05 雛]
[54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

来週はLUNA SEAの新譜にGE2と新作をご堪能TIMEですよー(*'ω'*)
早く来週にならないかなー(*ノωノ)

拍手[0回]


私は、チームIRISを『自分が“ココ”だと思う場所』への架け橋だと謳った。

が、チームというものに固執し過ぎていたせいで、
少々違った方向へ向かっていたと思う。

言うなれば、私は(特に)メンバーに『IRISが“ココ”だと思う場所』という
思想を押し付けていた。
勿論、自分が発足したチームであるから、そう願うのは何らおかしな事ではない。
けれど、それでは架け橋とは一体何処だったのかという疑問が生じる。
以前までの私の行動や思想では、IRISが既に終着点となっているのだ。

そうなると、必然的にメンバーの歩みを止めてしまう事となる。

チームが縁の繋がりではない。そう想う。けれど、想えてなかった
何処かで、自分から離れられていくことを怖がって、
知らず知らずにメンバーを抑えていたのではないか。

繰り返すが、IRISとしてずっと一緒に居てくれるのなら、嬉しい事この上ない。
しかし、終着点にしてしまってはいけない。いけない事ではないだろうが、
それでは先(周囲)を見ることができなくなってしまわないだろうか。

上手く言えないが、IRIS=虹=架け橋と謳うのなら、
私のチーム(IRIS)はPSO2のゲーム内での逗留所として在ればいいのではないか。
いや、在りたい。そう想ったという方が正しいか。

2つ前の呟きで、新規・初心者支援をしていると言った。
が、以前までの私は、最初に声を掛けたという立場を利用して
私と居ることを望み、それを押し付けていた風に思う。
これでは、声を掛けられた側はまだ慣れない視界の中で、
狭い視野のままでプレイを続けてしまう事に繋がる。

そんな事は、私は望んでいない。

私の評価は、周囲がするものである故に明言はできないが、
私よりも良い人がいて、私よりも合う人がいるはずだ。

出逢いというのは、時に残酷なものだと思う。
ハッキリ言ってしまえば、順番なのだ。
新規に始めて、緊張や不安で中々友達ができず、
黙々とソロプレイを続けて、寂しい・つまらない。と想う人がいる。
そんな人達に、私はこれからも声を掛け続けたいと思う。
しかし、たまたま先に私が出逢ったからといって、私に固執するのは間違いだ。
いや、それは勿論嬉しいことではあるが。
なんというか、広い視野を持ってプレイしてもらい、私と接してほしい。

その上で私といる事を望むなら、IRISを居場所と想うなら、
ソレがチームとして作ったIRISの“輪”として、胸を張って言えるのではないか。

終着点の無いオンラインゲーム(PSO2)に於いて、
私が掲げるコンセプトのIRISが架け橋となり、
チームIRISは、その長い橋の途中にある逗留所と在ろう。

そう、想った。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
お茶の間
文読
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Copyright ©  もののあはれ All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]