忍者ブログ
Admin / Write / Res
PSO2ライフでのできごとや、想いを綴る場所。
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ship:3(ソーン)
ID=雛櫻
キャラ名:十六夜・蓮華
所属チーム:IRIS-イーリス-
メインクラス:ガンナー
一言:自己中です(*'ω'*)
[08/10 雛]
[08/06 華たん♪]
[08/05 雛]
[08/05 雛]
[08/05 雛]
[11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マクドナルドって、急に食べたくなるよね(*'ω'*)
でも、バリューセットがワンコインじゃなくなったのは頂けない。


拍手[0回]


前回の続き。

チームの体制も、プレイヤーによって色々とある。
だが、大きく分ければ二つに分類されるのではないか。

組織として在るか、そうでないか。

私が所属するチームは、後者に属する。
特に目的も制限を設けることはなく、活動は各々の判断かつ自由となっている。
友人同士が集まり気ままに活動する体制だが、恐らくはコレが一般的というか、
こう掲げて展開しているチームが殆どではないだろうか。

こちらの最大のメリットとというか売りは、
縦関係を用いない故に、各メンバーがそれぞれに気を使う必要がなくプレイでき、
行動に制限もないため、ログイン時に自分の行動を自由に選択できることだろう。
言ってしまえば、ソロプレイとなんら変わらない(延長上)スタイルをとれる為に、
居心地の良さを覚え、ストレスを殆ど感じずにプレイできる環境ができあがる。
こちらに属するチームは、大体はこういった理由を推し、存在していると思う。

では、逆にデメリットはなにか。
個人の捉え方で大きく異なるので、断定ではないと通告しておくが、
私は団結力の稀薄さを挙げる。

例えば、メンバーが協力を要請したとしよう。
その場合、自分で行動を選択できるという体制が故に、要請を断る事もまた自由である。
仮にそれが、単に気が乗らない。という理由であったとしてもだ。
どうしても人数を揃えたいにも関わらず、基準に至らないままメンバーが拒否を行った場合、
協力を要請したものは、フレンドか野良での招集を取ることになる。
前回(三吹き目)でも言ったが、コレは言い換えれば初めからチームを利用する必要はなく
手間暇を惜しまなければwisだけで補うことが可能だ。

もう一つ。
何かしらの問題が生じた場合の、対応・責任処理の矛先が曖昧になる。
勿論、最終的な処理はマスターが行うのが主なのだろうが、
横関係を推しているチームの場合、ソレは矛盾として成り立たないだろうか。
例えばマスターが一切関与していないメンバー間の問題から、
マスターが対応・責任を放棄し、そのメンバー間だけでの解決を推した場合、
このマスターの行動は軽薄とされ、無責任だと責められるだろうか?
コレをYESと言ってしまえば、前述の矛盾となる。
横関係である以上、マスターはあくまでも設立者・代表者なだけであり、
一メンバーとして存在するのではないか。
尤も、横関係を謳っているにも拘らず、そういった事象から逃げるという行為は、
マスターであるなしに拘わらず、横関係に於ける矛盾であるが。

* * *

色々書いてるけど、批判じゃないからね。
あくまで、私の考えを淡々と書いてるだけの“呟き”です。

ちと時間と文字数の関係上、また次回に持ち越しですw
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
お茶の間
文読
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Copyright ©  もののあはれ All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]