忍者ブログ
Admin / Write / Res
PSO2ライフでのできごとや、想いを綴る場所。
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ship:3(ソーン)
ID=雛櫻
キャラ名:十六夜・蓮華
所属チーム:IRIS-イーリス-
メインクラス:ガンナー
一言:自己中です(*'ω'*)
[08/10 雛]
[08/06 華たん♪]
[08/05 雛]
[08/05 雛]
[08/05 雛]
[13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

空梅雨っぽくもう夏本番を迎えてしまうわけですが、
こうなると心配なのが集中豪雨でしょうか。
毎回、梅雨に降らなかった分を帳消しにするように、極端に降る場合がありますね。
ニュースを観る度に、胸が痛くなるものですが、今年は杞憂であってほしいものです。
まあ、雨はホントに必要なんですけどね。


拍手[0回]


さて、大雑把にチームについて縦と横関係を例に色々と書いてみたわけですが、
本題となる『チームとは何か』となると、どちらが相応しいのか。
ぶっちゃけると、正解はないでしょう。プレイヤー各々に委ねられるものだと思います。

しかし、ここまで呟いといてそれはないだろう。私の考えを綴っておこう。

まず、どちらか? と答えを決めるのならば、私は縦関係の方を推します。
団体・集団を組むという事は、必然的に最低限の規則・制約が生じ、
それ等を巧く機能させやすいのは縦関係であるからです。
そもそも、各々が自由にバラバラに行動をとるものを、集団と呼べるのか
私が抱く最大の疑問がコレです。

とは言っても、↑はあくまで答えを出しただけであって、私自身は横関係を好みます。
はい、矛盾してますね。
けれど、その集団の活動する場所が“ゲーム”である以上、
縦関係をとる必要はないというのが、私の考えです。

中にはPSO2に限らず、オンラインゲームに生活ライフを捧げる人もいるので、
一概には否定しませんが、そこまでキッチリしなくてもいいだろう。
そんなのは、現実の学校や職場だけで充分です。
ゲームはあくまで“娯楽”であり、プレイ自体が強制や義務になってしまえば、
ソレはもう娯楽ではない。そう思うのです。

最低限の礼儀とマナーさえ守れれば、プレイを縛るものは要らない。
私はその考えの元、現在チームに所属しています。
物価の高騰やドロップの酷さに愚痴を吐き、髭に殺意を湧きながらも
時にはバカを言い合って、時にはバカをやって、たかがゲームでも、
リアルに笑えればいい
そんな環境ができれば、それが私の求める“チーム”であり、目標です。

しかし、縦関係の全てを否定するのではなく、都合よくいいところを抜き取って、
巧く機能させるのがやはり理想なのでしょうね。
“ゲーム”ではありつつも、画面に映る殆どのキャラは“人間”であるので、
リアルとの境界なんて、本当に今こうして綴っている画面ぐらいのものかもしれません。

難しいけどね、でも考えるのはやめずに。でも気難しくならずに。
知り合った人達と、笑いながらプレイしていきたいね。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
◆ 無題
このまえの記事から読ませて頂いてました(’’
チームって縦横あるよね・・・社会もだけど;
纏める時ってのは縦が働くでも、横でもいいかなって思う時も多々・・・
人それぞれチームに求める物は違うと思うし・・
矛盾はどうしても生まれると思うかな・・・
でもチームに所属してるならみんなと一緒に楽しんで欲しいなって思います(’’
ゲームだし楽しまないとね!
Esuteru 2013/07/13(Sat)07:56:18 編集
◆ >Esuteruさん
>人それぞれチームに求める物は違う

やっぱりこれなんですよねー。考えが変わる人もいるし。
そういう矛盾でも、うまく纏められるチームが大きくなるのかな。
まあ、大きい=良い。とは思わないけども。

結局は、自分たちがどう考えて遊ぶかだよね(*'ω'*)
2013/07/13(Sat)19:22:00 編集
◆ 無題
 大きいだけの鈴蘭です。

 いわずもなが、なんて言いますが。
 人が多くなれば、言わなきゃ伝わらないことが出てくる訳で。
 それを共有するのが横の繋がり。
 それを掲げるのが縦の繋がり…なんて思います。

 目的意識を持てば組織としては安定するでしょうが、おっしゃる通り自由と束縛の背反はついて回ります。
 人が集まる以上、社会が出来るのは必然ですが。
 チームという枠の中だけでの意識の共有ではなく、ゲーム全体で目指す何かがあれば…なんて考えてもみたり。

 全体主義的?
 …かもしれません。
 ただ、この娯楽の空間に同じ何かを求める人達ならば。
 或いは実現できるのかな…。 
鈴蘭 URL 2013/07/14(Sun)05:18:29 編集
◆ >鈴蘭さん
遅レスすいません(ノД`)・゜・。

所属したチームが1個しかなく、あまり他のチームとの交流がないので、
余計に大きくなった考えですね。

理想像はあるけども、その形が見えない。
こんな状況でしょうかね。

これから、少しずつ色んな経験があるでしょうが、
ソレを自分だけでなく周りと共有して、
一緒に成長していくのもまた、道なのかもしれませんね。
2013/07/17(Wed)17:39:19 編集
お茶の間
文読
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Copyright ©  もののあはれ All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]