忍者ブログ
Admin / Write / Res
PSO2ライフでのできごとや、想いを綴る場所。
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ship:3(ソーン)
ID=雛櫻
キャラ名:十六夜・蓮華
所属チーム:IRIS-イーリス-
メインクラス:ガンナー
一言:自己中です(*'ω'*)
[08/10 雛]
[08/06 華たん♪]
[08/05 雛]
[08/05 雛]
[08/05 雛]
[19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

髪の毛切ってきた(*´ω`*)
何気に約5ヶ月いってなかったので、流石にアレだなーと思ったw
今はサッパリして、いい感じ♪ うん、イケテルイケテル( *´艸`)

拍手[0回]


さて、今回は愚痴ではなく当チームの体制を簡単に。
内容は、ゲーム内で開いた会合時のもとほぼ同じ。

まずは、ビジフォンに於ける募集掲示は行っていない(行わない)こと。
これ、会合時に質問が来なかったのでチムメンには説明してないのですが、
理由は単純で、言葉は悪いですが変な人との接触を避けるためです。
元々私自身が人見知りな為、絡みのない人との接近というのに
困惑するというのもあります。
尤も、設定を変える前に一人連絡を受けて、簡単な面談と確認事項を説明した後に
参加してもらいましたが、楽しげな方で一安心してるところです。

次に、チームオーダーの強制・強要は行わない。
これは単純に、プレイを縛るという事をしたくないだけですね。
クエを一緒に行くときに、ついででこなせるのであれば要請は出しますけどね。

んでもって、チームポイントは目標ポイントを定め、
達成次第その段階で行える拡張を私から提示し、
メンバーの意見のもとに使用する。
これはまあ、大体の横関係のチームが行っているのではないでしょうか?

最後に、コレが当チームの目指すところへの一歩目。
というのになるのでしょうか、マネージャーを指名しません
役職という言葉での縦関係を壊すための、私なりの考えです。
そして私は、あくまでもチームの代表者という立場を務め、
メンバーと接していこうと思います。
私の意見・発言が絶対ではなく、みんなと話し合って決める・動く。
そんなチームになればいいと思ってます。

勿論、代表者という名目だからと言って、
設立者としての最低限の責任は負いますし、
チームの指針などの提示は行っていくつもりです。

色々なチームがある中で、折角私のところへ来てくれたのですから、
やはり、居心地のいい環境を作っていきたいですね。
まあ、会合開いたりと堅苦しさを感じる方もいるかもしれませんが、
ゲーム内でも、みんなを集めて何かを話すというのは、緊張するものですw
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
◆ 無題
 大きいだけの鈴蘭です。

 雛さんの記事を拝見して、ふと思い出しました。
 日本の中世において、『惣国』なんてものがあったと聞きます。
 所謂、貴族や武士といった特権階級による支配ではなく、住民の代表者による多数決の合議制(多分の儀だったかな?)で自治をしていたとか。
 これは安土桃山時代まで続いたそうですが…。

 まぁ、深い意味はありません。
 チームのシステムに乗っかれば、掲げる理想は近しいものでも、雛さんの手法はマイノリティに属するでしょうし。
 なんとなく連想させるものがあるな…と、それぐらいです。

 チームの中心というのは、チームに求められるものによって変わります。
 エンターテイナー、コマンダー、フレンド。
 …何れを求められているのか。

 議事進行役としての『議長』としての性質を…というのであれば、雛さんの選択もあろうかと思います。
 ただ…実際問題として活動時間帯の制約、チームの規模の制約は出てくるようにも。
 皆が同じ時間帯に、お互いが見える距離で活動をしていないと、『偏り』が出来てしまいがちですしね;

 人の集まりです。
 なかなか一筋縄では行かないでしょうが。
 『選んでくれた人のために』理想の実現を達成される事を願っています。


 …って、部外者が書いても良かったのかな;
鈴蘭 URL 2013/07/23(Tue)03:24:27 編集
◆ >鈴蘭さん
お返事遅くなってすいません(ノД`)・゜・。

>ただ…実際問題として活動時間帯の制約、チームの規模の制約は出てくるようにも。
 皆が同じ時間帯に、お互いが見える距離で活動をしていないと、『偏り』が出来てしまいがち

現在の問題はまさにコレですね。
人数が増えれば増えるほど大きくなるものですし、
何かしらの対策案を出さなければと考えています。

“自分のチーム”ではなく、“自分たちのチーム”ですからね。
試行錯誤しながら進んでいきます(*´ω`*)
2013/07/27(Sat)15:12:39 編集
お茶の間
文読
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Copyright ©  もののあはれ All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]